内科・産婦人科 医療法人 藤盛レィディーズクリニック

思春期から中高年期まで、女性が健康でいきいき暮らすためのお手伝い。

 

 

TEL 018-884(ハハヨ)-3939
診療時間 【月・火・木・金】

9:00~13:00 / 14:30~16:30

【水・土】

9:00~13:00

(受付は終了30分前まで)

休診日 日曜・祝日 お盆 年末年始 学会出張時
  • 待ち時間緩和のため、予約優先(電話・来院時に承ります)
    (ただし、新患・急患は受付時間内で随時受付)
  • 駐車場:アルヴェ立体駐車場
  • 駐輪場:東口・西口駐輪場
    上記駐車場・駐輪場御利用の場合、サービス券を発行します。
    (詳細はお問い合わせください)

Information

1、クリニック概要

住所

〒010-8506 秋田市東通仲町4-1アルヴェ4F/秋田駅東口直結

Tel:018-884-3939

診療時間

月・火・木・金(9:00~13:00 14:30~16:30)
水・土(9:00~13:00)
受付は診療終了時間30分前までにお願いします。(ご都合により相談に応じます)

休診日

日曜・祝日/お盆/年末年始/学会出張時 他

駐車場

アルヴェの立体駐車場の駐車券をご提示の場合、サービス券・1時間分を発行。
(詳細はお問い合わせください)

駐輪場

秋田駅東口・西口駐輪券をご提示の場合、サービス券を発行。

特徴

  1. 待ち時間緩和の為、当日分も含め予約制(但し新患・急患は診療時間内で随時受付)
    ※診療内容・急患対応のため時間が遅れることがありますが、ご了解ください
  2. プライバシー保護に配慮し、氏名ではなく診察券番号でお呼びしております
  3. 外国籍住民の方には英語で対応します
  4. 保険による禁煙治療施設基準を満たしています
  5. 授乳中の乳房ケアには、助産師資格を持つベテラン看護師が手当します
  6. トランスジェンダーの方の相談と治療に応じます
  7. 一般内科として男性患者さんのご希望にも応じます(予防接種・風邪・腹痛他)

2、院長プロフィール

医学博士 藤盛 亮寿  M.D. Ryoju FUJIMORI

略歴

  • 秋田市生まれ
  • 新潟大学医学部卒業
  • ’76年4月~’82年3月 富山赤十字病院 産婦人科部長
  • ’82年4月~’04年7月 秋田赤十字病院 第1産婦人科部長
  • (’88年4月~’97年3月 新潟大学医学部内非常勤講師 兼務)
  • (2000年~’05年3月 秋田大学医学部 臨床助教授 兼務)
  • (01年~’04年3月 日本赤十字秋田短期大学 非常勤講師 兼務)
  • (’82年4月~’08年3月迄 県立衛生看護学院助産科 非常勤講師 兼務)
  • ’04年7月開業(秋田赤十字病院を退職し、アルヴェ オープンと同時に)
  •   8月から 独立行政法人国立病院機構あきた病院 非常勤医医師
  • ’05年10月 医療法人としてスタート

資格

  • 日本産科婦人科学会認定専門医
  • 母体保護法指定医
  • マンモグラフィー読影医
  • 日本医師会認定産業医

 所属学会

・日本産科婦人科学会会員
・日本東洋医学学会会員
・日本女性医学学会(旧更年期学会)会員
・日本生殖(旧不妊)医学会会員

手術歴

約6000件 (子宮がん・子宮筋腫・卵巣がん・子宮脱・腹腔鏡下手術等)

分娩立会い件数

約20,000件

3、診療内容

1)健康相談と治療

思春期相談精神的ストレスや過激な運動などによる月経異常の治療              

性感染症相談検査と治療    

不妊相談原因を精査し、一般不妊治療として人工受精まで行います

避妊相談女性自らが、性と生殖に関する正しい情報を得、各人に合った避妊法を選択するため相談に応じます(緊急避妊ピル・低用量ピルIUD等)

生理痛相談おなかの上から超音波で子宮内膜症子宮筋腫の有無を検査し、適切な治療をします        

⑥更年期相談:
ほてり・のぼせ・発汗・冷え性・動悸・めまい等の更年期症状の治療
骨粗鬆症の相談・検査・治療
脂質異常症(高脂血症)の予防対策
性交痛の相談

老年期相談:過活動膀胱(尿失禁)・子宮脱に対する対策と治療

ブライダルチェック各種感染症の他、子宮がん筋腫内膜症卵巣腫瘍などの検査

その他
⑴女性特有の諸疾患に対する漢方薬による治療も積極的に取り入れております
二次検査セカンドオピニオンの要望にも応じます

2)健康診断

内科基本検診:血液検査(腎機能・肝機能・コレステロール・中性脂肪・血糖値など)
心電図検査・骨密度検査・体組成チェック(体脂肪率・BMI・肥満度など)

子宮がん検診
低年齢化する頸がんの早期発見には20代からの検診を薦めています
体がんは50代・60代がピークです。閉経後の方へ⇒安心せずがん検診を
⑶子宮摘出済みの方へ⇒卵巣がん・膣がんもあるので必要な検査です

卵巣がん検診初期症状が出にくく沈黙の腫瘍と呼ばれています。子宮摘出済みの方にも大事な検査です。
超音波検査腫瘍マーカー検査をお薦めしております

妊婦健診
⑴子宮外妊娠でないことを確認した上で、妊娠32週位までお引き受けします
(秋田市外の市町村の妊婦健診受診票も扱います)
(母子手帳はアルヴェ1Fの市民サービスセンターで入手可)
3Dエコーでリアルに胎児の動きを立体的に観察することができます

⑤乳がん検診:視触診・超音波による検診 / マンモグラフィー(委託先の日赤で撮影)

⑥抗原・抗体検査風疹・麻疹・B型肝炎・C型肝炎等

⑦予防接種風疹・麻疹・肺炎球菌・インフルエンザ・破傷風・おたふく風邪・ジフテリア・狂犬病等ワクチン

⑧禁煙外来保険診療可能な施設基準を満たしております

⑨その他:
各市町村の健診特定健診/子宮頚がん・乳がん・骨粗鬆症・大腸がん健診)
勤務先や進学先へ提出のための健康診断書の発行

4 他の医療機関との連携

1)赤十字病院での委託検査

   マンモグラフィー・CT・MRIの検査予約を代行

(病院では待たずに検査を受け、結果の説明は当院で行います)

2)診療ネットワークの活用

   秋大病院他、県内外の総合病院の専門分野の医師を御紹介します

5、ご参考までに

 

1、風疹が流行しています!

妊婦さんが、かかると胎児への影響が出ることがあります。
妊娠してからではワクチン接種ができないので、
可能性のある方は抗体検査をした上で、必要なら接種しましょう。

2、緊急妊娠ピルは72時間以内に服用すれば効果があります。

3、NEW!新薬情報:子宮筋腫による過多月経。下腹痛・腰痛・貧血の改善に対応する薬を扱っております。