☆出竿式☆

2018-08-04 11:36

本日、ALVEきらめきコートでは駅東竿燈会による出竿式が行われました。

強い日差しのもと、勇壮なお囃子が響き渡っています。

東北三大祭りの一つ「竿燈」は270年もの歴史をもつ秋田を代表する夏祭りです。

竿燈全体を稲穂に、連なる堤灯を米俵に見立てています。

竿燈の演技は五つの技から成っており、地面から竿燈を起こして次の差し手に渡す「流し」、

手のひらで高く持ち上げる「平手」、額で上げる「額」、肩にのせる「肩」、

かなりの修練が必要とされる「腰」。

名人技が次々と披露されました。

竿燈の種類は「幼若」「子若」「中若」「大若」の四種類あります。

「大若」は長さは12メートル、重さは50キロもあります。

軽々と持ち上げる姿は迫力満点です。

 

観衆の心を魅了し自然と「どっこいしょ~どっこいしょ~」と掛け声があがりました。

華麗な竿燈演技が広げられ、会場は熱気に包まれていました。

「継ぎ竹」を足すほどに竿燈全体が大きくしなります。

最後は子供達とふれあい体験や写真撮影が行われました。

駅東竿燈会の皆様、ありがとうございました。

秋田竿灯まつりは8月3日(金)~6日(月)まで秋田市竿燈大通りで行われます。

真夏の夜空を彩る幻想的な竿燈もお楽しみください。